初めて自分のお尻を見てショック


初めて自分のお尻を見てショック
普段の生活の中で、鏡に映る姿は大体、体の前方だと思います。
メイクをする時も顔を見ますし、洋服を着てファッションチェックをする時も、あまり後ろ姿というのは気にしたことがありませんでした。
ふたある時、何気なく自分のお尻を見た時、お尻と太ももの境目のところが黒ずんでいて驚きと、ショックが同時に来たことを覚えています。
自分のお尻がこんなにも黒ずんで汚いなんて。
調べてみると、下着の締め付けや、長時間座ったりするとなりやすいみたいです。
また、ホルモンバランスも関係しているみたいで、初めてこんなに調べました。
確かによく見てみると下着のゴムが当たる部分が酷かったです。
お尻を見た日から、なるべく黒ずみをなくしたいと、お風呂に入った時に週数回スクラブをしたり、化粧水をつけたりしました。
すると、少しずつですが気持ち色が薄くなってきたように感じました。
長時間座ることも多いので、立った時に少しマッサージなどもしてみました。
やはり、顔と同じ皮膚なのだから、顔と同じようにちゃんとケアをする事が大事だと改めて思いました。
角質ケアもすると、以前よりはお尻の肌が柔らかくなったと感じました。
生理中は、ナプキンをつけたりガードルを履いたりと締め付けが多いので、黒ずみが少し濃くなるのは仕方ないと思いますが、少しでも自分が満足するお尻作りをしたいと思います。
普段隠れて見えない部分ですが、こんなにもお尻で自分のモチベーションが変わるものなんだと感じました。
厄介なお尻の黒ずみをなんとかしたいものです。

お尻に黒ずみが出来てしまう原因と予防法


お尻は入浴中に体を洗う時ぐらいしか見る事がないのであまり気にしていない人が多いと思います。そのため黒ずみが出来てしまっていてもなかなか気づく事がなくて放置してしまっている人も少なくないでしょう。しかしお尻の黒ずみを放置してしまうと治りにくくなってしまう場合があるので注意しなければいけません。そのためお尻の状態が常に確認しておくようにしましょう。

お尻に黒ずみが出来てしまう原因は椅子に長時間座っていてお尻に刺激を与えてしまうという事でしょう。椅子の長時間座っていると体重がかかっている時間も長くなってしまいます。そのためお尻の血行も悪くなってしまい肌の状態も悪くなってしまいます。また古い角質も残りやすくなってしまうので黒ずみが出来てしまう事が多くなります。そのため椅子の長時間座るという事を改善していく必要があります。

お尻の黒ずみを解消するクリームなどをお探しの方はこちらのサイトをチェックしてみてください。

椅子に長時間座っているのはデスクワークの仕事をしている人が多いです。そのため適度に立ち上がったり休憩を入れるなどして椅子に長時間座った状態をなくしていくというのが大切になってきます。特に休憩中に適度に歩くようにすると全身の血行も改善してきて肌の状態も良くなってきます。また椅子に長時間座っているという人は椅子の上にクッションを敷くようにしてお尻にかかる負担を軽減するという事も大切です。お尻にかかる負担は軽減出来れば刺激を与える事も少なくなるので黒ずみの予防にも繋がっていきます。